しわやしみに効果がある保湿クリーム

しわやしみに効果があるのは美容液より保湿クリームだという人もいますが、スキンケアに使う保湿クリームと美容液とはどのような違いがあるでしょう。皮膚軟化剤や保湿剤が配合されているという保湿クリームには、医薬部外品だけでなく医薬品に分類されるものもあります。

美容液には各種の栄養成分の他に保湿剤や美白成分、香料などが配合されています。肌のタイプが脂性タイプあるいは普通タイプなら、美容液と保湿クリームのどちらでもスキンケアに有効です。

一方、にきびや肌の赤みなどが肌に多い人や乾燥タイプの肌の方は、医薬品に分類されている保湿クリームが適しています。肌から水分が失われるとかゆくなりがちですが、うっかりかきすぎて肌に傷がつかないようにしましょう。

成分表示に尿素と書かれている保湿クリームが、皮膚の乾燥緩和には役に立つでしょう。ジェル状の保湿クリームにはオイルフリーのものもあります。石油系成分が含まれているかどうかにこだわる方は多いようですが、オイルフリーは蒸発しやすいというネックもあります。

洗顔後や入浴後には化粧水で水分補給した後に、保湿クリームで肌の上からふたをして、肌の潤いを持続させましょう。肌を乾燥から守るには化粧水を肌全体に染みこませるだけでは不十分であり、保湿クリームで水分が逃げないようににする必要があります。

アルコール配合型の化粧水も出回っていますが、揮発性のアルコールを含むばかりに肌の乾燥を促進してしまう場合もあるので注意をしてください。肌を乾燥から守り水分量を維持するためにも、質のいい保湿クリームを付ける前に、化粧水をたっぷり使って肌のに水分を与えてください。