しわの予防に適した保湿クリームの選び方

しわの予防にために保湿クリームを用いる方は少なくありませんが、保湿クリームは全身のケアにも有効なものです。

体表面の水分は、風呂から出ると水蒸気と共に一部が蒸発して逃げていきます。肌がまだ湿り気のあるうちに、皮脂に近い油分や肌の潤い成分が配合されたボディクリームを塗ることで乾燥を防ぐことができます。

保湿のためにボディクリームを使う時には、わずかな量でも皮膚の上で十分伸びるタイプの保湿クリームを探すといいでしょう。ベタベタしたものではなくしっとりと清潔に保ち、肌にハリや潤いを与える年齢肌対策用の保湿クリームを選びましょう。

保湿効果のある成分としてどういったものがどのくらい含まれているかを、購入時にチェックしてください。たいていの保湿クリームには、アンチエイジングに効果的なセラミドやレシチンといった、水分を閉じこめて外部に逃がさない栄養成分が配合されています。

一方、エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸は自身の何十倍もの水分を保つことができ、しわやたるみのケアに適している成分として知られています。

PCA、尿素、アミノ酸などの天然保湿因子やグリセリンは保湿力が強く、スキンケアクリームにも頻繁に使われています。

化粧品によく用いられている保湿成分の他にも、サプリメントや食材に含まれる成分なども保湿クリームでは重宝されています。最終的には、肌タイプに最も合う保湿クリームがいい保湿クリームです。

全身の皮膚のお手入れを保湿クリームなどですることで、肌トラブルのないきれいなもち肌を保ちたいものです。