化粧品を落とすクレンジングジェルの使い方

クレンジングジェルは、それにふさわしい扱い方でなければスキンケアにはなりません。化粧品の汚れや不要な皮脂をしっかり落とすには、クレンジングジェルを適切に使うことが大事です。

ただ漫然と化粧落としとしてクレンジングジェルを使っていはいないでしょうか。クレンジングをきちんと行うためには、何となくで洗えば済むということはないのです。

皮脂汚れやメイク汚れは十分に浮き上がらせて、クレンジングジェルでくるみ込むようにして洗いましょう。クレンジングジェルを手のひらに取り、直接額・頬・鼻・あご等の肌に当て、顔全体に伸ばし軽くマッサージする要領で汚れに馴染ませます。

強く擦らず手のひらと指で優しく丁寧にがクレンジングジェルの正しい使い方の基本です。汚れとクレンジング液がほどよく馴染むよう、鼻や小鼻からはじめて額やあご、頬へと円弧を描くように伸ばします。

鼻孔のまわりの小高い部分は洗い残しが出やすい部位なので、指を小さく動かすようにして、念入りにクレンジングをしましょう。

面積の広い頬は、しっかりクレンジングジェルを馴染ませてから、指のはらを使って優しくマッサージする要領で汚れを浮かしていきます。

体温でクレンジングジェルが温まると、マッサージ効果やパック効果は高まります。すすぎはぬるま湯を用いて丁寧に流しましょう。コットンやティッシュ等で拭き取るタイプもありますが、出来れば洗い流した方が良いでしょう。

クレンジングジェルが肌に残っていると肌荒れの原因となりますので、毛の生え際・小鼻まわり・首筋等に洗い残しがないかチェックしましょう。