整腸に役立つノニで便秘対策

便秘の悩みと言えば「おなかが突き出てみっともない」という感じですが、そんな見た目だけの問題なんて、些細なこと。

便秘の本当の恐ろしさは「本来ならさっさと排出されるべきものがずっと体内に残って腐敗し、腐敗物質・有毒物質が発生して、それが腸を通じて吸収され、体内をめぐってしまう」ということです。

便秘は大腸がんのリスクを高める、ということをご存知の人は多いでしょうが、それ以外にも、血液内に腐敗物質・有毒物質が混じることによって血液が汚れ、さらに流れも悪くなり、肩こりや腰痛を起こしたり、最悪の場合は血栓ができて脳梗塞や心筋梗塞が起こる可能性さえあるのです。

とは言え、市販の便秘薬というのは、腸を無理やり刺激して排便させるものなので、長期使用は腸に大きな負担をかけるため、避けたいもの。 まずはもっと体にやさしいノニで、便秘対策を始めてみましょう!

reaf ノニは整腸に役立つ成分が豊富!

ノニで便秘対策、というと意外だと思う人も多いでしょうが、実はノニには、成長に役立つ成分が豊富に含まれています。

まず、スコポチレンという成分には、大腸菌の抑制作用があります。大腸菌は悪玉菌の一種ですから、その増殖・働きを抑えることで、相対的に善玉菌が優位になりやすい環境につながっていく、というわけですね。

さらにペクチンは、水溶性食物繊維としての働きで整腸作用にすぐれ、さらに善玉菌である乳酸菌のエサにもなれるという特徴があるため、こちらも腸内を善玉菌優勢にし、悪玉菌を抑制する作用にすぐれています。

そしてオレイン酸は、腸内の「すべり」を良くすることで、スルッと出やすい環境作りを手伝ってくれるのです。

さらに、テルペノイドという成分は「臓器そのものの機能を増進する」という作用を持っているため、腸そのものの状態を良くする効果が期待できますよ。


reaf 腐敗便による悪影響は抗酸化成分で抑制!

腸内の腐敗便は、いわゆる「酸化腐敗」をした状態ですので、この酸化への対抗措置を取ることができれば、腐敗便による悪影響を大幅に軽減できます。

そこで役立つのが、ノニに含まれる豊富な抗酸化成分。 ノニには、イリドイド・ポリフェノール・フラボノイド・メチオニン・シスチン・ビタミンA・C・Eなど、これでもかというほど抗酸化成分が数多く含まれていますので、酸化抑制の作用も大いに期待できますよ。