ノニで風邪やインフルエンザ予防に

ノニに期待できる健康作用のひとつとして「感染症予防」が挙げられます。 どんな感染症が、どういう理由で予防できるのか、それを知っておきましょう!

reaf 抗ウイルス作用で風邪やインフルエンザに対抗!

寒い季節になると流行する感染症の代表格である風邪やインフルエンザは、ウイルスによって感染してしまうもの。

ですがノニには、抗ウイルス作用にすぐれたフラボノイドや、抗菌作用にすぐれたイリドイドやスコポチレン、さらにウイルスに対抗するための免疫システムを安定化させてくれるβシトステロールなどの成分が含まれているため、さまざまな方向からウイルスの害に対処することが可能なのです。

風邪やインフルエンザ予防のために「マスクの内側にノニジュースをスプレーする」という工夫をする人もいるようです。 ただ、ノニには独特の発酵臭がありますので、このやり方はニオイが気になる人も居る、という欠点もありますけどね。

たとえマスクスプレーを利用しなくとも、飲むだけでもかなりの予防作用が期待できますので、基本は「いつもの手洗い&うがい+ノニを飲む」というだけでOKですよ。


reaf 皮膚感染症の予防にも使える!

ノニの感染症予防作用というのは、風邪やインフルエンザに対してだけでなく、水虫やとびひ・蜂窩織炎(ほうかしきえん)などといった皮膚感染症に対しても期待できます。

皮膚感染症の主原因もウイルスや細菌なので、抗ウイルス作用や抗菌作用を持つ成分にすぐれたノニなら、その対処が可能というわけですね。

そしてさらに、皮膚感染症というのは、「角質層が乱れるなどして皮膚のバリア機能が低下し、そこからウイルスや細菌が奥まで入ってしまう」ということで発症・悪化リスクが高まるのですが、ノニには、ウルソール酸によるコラーゲン生成促進作用や美肌作用などがあるため、「ウイルスや細菌を奥まで侵入させない健康な皮膚づくり」まで期待できるのです。

reaf あのやっかいな感染症予防にも使える!

風邪やインフルエンザ、皮膚感染症の他に、やっかいな感染症として口唇ヘルペスや帯状疱疹なども挙げられますが、これらは「体力の低下・免疫力の低下により内側でヘルペスウイルスが活性化する」という理由で発症します。

抗ウイルス作用や免疫機能調整作用があり、しかもアラニンによる体内エネルギー生成サポート作用、ペクチンによる疲労回復作用まで期待できるノニなら、これらの発症リスクを下げる効果も期待できますよ。