ノニでぐっすり睡眠できるかも

人間の健康のためには、適度な睡眠が不可欠。「睡眠時間が5時間以下だとさまざまな病気のリスクがハネ上がってしまう」という趣旨の医療研究のデータも数多く出ています。

ですから、1日の睡眠は最低でも6時間以上、できれば7時間から7時間半確保できれば、それが一番理想的なのですが、中には「6時間以上寝られるように早めに寝床に入っているけれど、寝つきが悪かったり夜中に何度も目が覚めて正味の睡眠時間は短くなってしまう」「眠りが浅くて疲れが取れない」など、睡眠障害の問題を抱えている人も多いですよね。

そんな睡眠障害の対策にも、ノニは強い味方となってくれる存在です。

reaf 睡眠障害のさまざまな原因に対応!

寝つきが悪い・夜中に目が覚める・眠りが浅い、といった睡眠障害を引き起こすおもな理由としては、以下のようなものが挙げられます。


  • 日中のストレスが残ってしまい、神経が興奮状態となっている。
  • 自律神経の乱れにより、交感神経優位の日中から、副交感神経優位の夜へというシフトがうまくできない。
  • 睡眠ホルモン・メラトニンがうまく分泌できない。

そしてノニには、こうした睡眠障害の理由に対応するための成分が含まれているんですよ。たとえばストレスによる神経の興奮状態には、ストレス軽減作用のあるヒスチジンや、ストレスによる神経細胞の死や細胞へのダメージを抑制する神経保護作用を持つイリドイドが活躍。

また、イリドイドには副交感神経を活性化・優位にさせる作用もあるため、自律神経の乱れの影響もカバーできます。さらに、セリンも神経のバランスを整える作用を持っており、入眠や寝つきなどの改善が期待できますよ。

そして、睡眠ホルモン・メラトニンの不足にはトリプトファンが対応!メラトニンの原材料となる物質・セロトニンの合成・分泌を促進してくれます。

reaf 同じ睡眠時間でも疲労回復度も変わる!?

ノニの睡眠に関するメリットとして挙げられるのが、「たとえ今までと同じ睡眠時間でも、疲労回復度が高くなる効果が期待できる」ということです。

その理由は、前述のトリプトファンによって睡眠ホルモン・メラトニンがカバーされる、というだけでなく、睡眠中に疲労回復のために働いてくれるペクチンや、翌日からの活動のための体内エネルギーの生成サポートをしてくれるアラニンなどによる作用も得られるからです。

「ちょっと睡眠障害ぎみだけど、薬に頼るのは嫌だから」という人も、薬とは違う安心安全のノニなら、試す価値はあるはずです。ぜひ、あなたの睡眠サポートにノニを活用してみましょう!