ノニジュースのまずさを何とかする方法は?

Q:ノニジュースには、さまざまな成分が含まれていて、健康づくりや美容などに大きく役立つことはわかるのですが、あの「独特のまずさ」を何とかする方法はないものでしょうか?

A:野菜やフルーツのジュースに混ぜる

ノニジュースには、さまざまな成分が含まれていて、健康づくりや美容などに大きく役立つことが期待できますが、そんなノニジュースの最大の難点と言えば「味にクセがあり、まずいと思う人も多い」ということです。

そんなノニジュースのまずさを何とかする方法はないものでしょうか? ここでその工夫法を知っておきましょう!

ノニジュースのまずさ・飲みにくさを軽減する方法としておすすめなのは、「野菜やフルーツのジュースにノニジュースを混ぜて飲む」という方法です。

これなら、ノニが飲みやすくなるだけでなく、野菜やフルーツのビタミンも摂れるという効果も期待できるというわけですね。

たとえば、「リンゴ+小松菜+ノニをミキサーにかける」とか、「ミカンやオレンジの生搾り汁+少量のハチミツまたはオリゴ糖+炭酸水+ノニ」などといったものがおすすめです。

もちろん、市販の野菜・フルーツジュースを使えばもっと手軽で簡単なのですが、市販の野菜・フルーツジュースは、いわゆる「生搾り」タイプが非常に少なく、加熱の過程で栄養素が壊れているものも少なくありません。

また、糖分がかなり多いジュースも結構ありますので、その点にも注意する必要があります。

それを考えると、低カロリーかつ、さまざなま野菜やフルーツが含まれている市販のスムージーを使う、というのは意外とおすすめと言えるかもしれませんね。

また、リンゴジュースも、探せば「生搾りかつ、他の糖分は不使用」というものが比較的見つかりやすいので、それを使ってみるのもいいでしょう。

数日ガマンすれば意外と慣れる!?

というわけで、どうしてもノニジュースがそのままでは飲みにくい、という人への工夫法をいくつかご紹介しましたが、やはり一番の理想は「そのまま飲む」ということ。

ノニジュースの風味は非常に独特なので、最初に感じる飲みにくさ・まずさはかなりありますが、実際のところ「最初の数日はキツかったけど、今では慣れてそのまま飲んでいる」という人が一番多いです。

ですから、ノニジュースは「慣れるまで少しだけのガマン!」と思って、できれば最初の数日〜1週間程度は、飲みにくさをガマンして、そのまま飲むことにチャレンジしてみて下さい。

それでもどうしても慣れなければジュース等に混ぜるのもアリですが、多くの人はこの段階で慣れることができるみたいですよ。